読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.無性として生きるということ。

LGBT Xジェンダー

(所要時間5分)

Xジェンダーの定義はなんとなく分かったけど、無性…?性が無い、というと?結局、あなたはどんな人間なの?もっと詳しく教えてくれなきゃ分からないよ。

ということで、ここでは無性とは一体なんぞやという疑問を話に絡めつつ、私のことについてもう少し深くお話しさせていただきたいと思います。

 

「無性」って、結局なんなの?

実を言うと、私自身まだよく分かっていないんですよね(笑)Xジェンダーの難しい部分は、男になりたいわけでも、女になりたいわけでもない。ホルモン注射や性転換手術をしたとしても、納得できる理想像になれるとは限らない。なりたい理想像が釈然としない、というところなのです。

「この世には男か女しかいないじゃん。IS(半陰陽…男女両方の性を兼ね備えている人。両性具有。)なら話は違うけど、あなたは女として生まれたんでしょ?体も女なんでしょ?じゃあ女じゃん。性あるよ?」と言われてしまうと、でも…だって…と口をもごもごさせる他ありません。だって、その通りだから。

簡単に言ってしまえば、「自分のことを、男とも女とも思えない。」というのがXジェンダーの定義です。それに付け加え、「だからといって、男と女の間(中性)であるとも、男と女のどちらでもある(両性)とも思えない!自分に当てはまる性別はない!=私には性が無いの!」という認識である場合、「じゃあ、あなたはどの性別にも分類できない、無性ってことになりますね」となるわけです。

イラストで表すと、↓こんな感じです。

 
f:id:X-gender:20170201212357j:image

永田カビさん著者、「一人交換日記」https://www.amazon.co.jp/dp/4091893201から引用したものです。無性の方全員がぴったりこれに当てはまるとは限りませんが、私はこの2コマに深く共感しました。

 

私のこと

 今までに、私は何度か異性に告白されました。成りゆきでそれ以上のことも経験しました。しかし、こう言ってしまうのは大変申し訳ないのですが、全て、沸々と込み上げる気持ち悪さと戦いながら、なんとか受け入れていただけでした。「性対象として」、なにより「女として」見られていることが、気持ち悪くてしかたなかったのです。

今まで自分の性は男女どちらなんだろう?なんて考えたこともありませんでしたから、最初こそ「私は性的なことに対して嫌悪感があるんだな」くらいにしか思っていませんでした。ふと、「ああ、私は女として見られていること自体に嫌悪感を抱いているんだ」と気づけたとき、すとんと肩の荷が降りた気がしたのです。

f:id:X-gender:20170202163138j:image

そんなこんなで、今に至るわけであります。二、三年前までは、黒髪ロングのぱっつん。ピンク色のひらひらしたスカートを履いて街を闊歩したりしていたのですが、現在じゃすっかり茶髪のメンズショートに。アルゴンキン、GUを好み、コーディネートの系統もモノトーンに落ち着きました。女として見られたくないという反発心が、男の子っぽくならなければ!という気持ちを強くさせている感じです。

さて。努力の甲斐もあり、最近やっと周囲から「男の子っぽいね!」と言ってもらえるようになりました。しかし、そう言われて嬉しい判明、あろうことか「男の子っぽくなるのが私の最終目的なのだろうか…?」と感じるようになってしまったのです。ま~た振り出しに戻ってしまいました(笑)女でいたいとは思えないけど、かといって完全な男になりたいとも思わないし…と、どっちつかずな立場にいる自分がもどかしいです。心がしんどくなりきってしまう前に、なるべく早めに、自分の終着点を見つけたいと願う今日この頃です。

1.わたしのこと。

LGBT Xジェンダー

(所要時間5分)

はじめまして。

Xジェンダー(無性)のえまと申します。

いくつかの精神病を抱えてみたり、将来に絶望したりなどしつつ、それでも地べたを這いずりながら必死に生きているポンコツです。

Xジェンダーとして生きるなかで気づいたことや、感じたこと。その他精神病に関しての事柄などを、ちまちままとめていきたいと考えております。これをきっかけに、「へえ、Xジェンダーなんてものがあるのか。色々な人がいるんだなあ。」なんて思っていただけたら、知っていただけたなら、私はとても嬉しいです。

 

Xジェンダーとは

  • 心の性が、男性、女性のいずれでもないと認識している人。
  • Xジェンダーには、大きく分けて4つの種類が存在する。
  1. 中性……男―――――🌟―――――女
  2. 両性……男 🌟――――――――🌟 女
  3. 無性……男  ――――――――――  女        [壁   🌟
  4. 不定……男  🌟―――🌟―――🌟  女        [壁   🌟

 

これでいうところの、3番に私は属しています。普段の格好は男装~マニッシュ的な系統で、髪もメンズショートです。認識としては、「自分のことを男とも女とも思えない。完全な男になりたいわけではないけど、少なくとも女として生きたいとは思えない」…といった感じです。自分でも、訳がわからないです(笑)

 

性指向(性対象)は…以前まではパンセクシュアル(全性愛)だったのですが、うつ病になってからすっかり性欲が消えさってしまい、今となってはよく分からなくなっています(笑) 性嫌悪でもあるので、それの影響も強いかと思います。

 

その他の自己紹介

うつ病を患っており、ひどいネガティブ思考です。斜に構えた目で世間を見ているので、トゲのある物言いをすると思います。もし、ご気分を悪くさせてしまったらすみません。どうぞよしなに。